2013年07月26日

「ロングトレイルを歩く」が出版になっています

IMG_0345.JPG

ご案内が遅れましたが、
PHP研究所より、「ロングトレイルを歩く-自然がぼくの学校だった」
が7月中旬に出版となっています。

本書は、中高生を含む若い世代と初心者のために、
ロングトレイルとその魅力を伝えようとする企画であり、
自然を愛する加藤則芳の生き方を、時系列の流れに沿ってたどる内容の本として
インタビューと語りおろしの形式でスタートしたものの、本人の体調の悪化により
既刊の自著と、雑誌等の文章・インタビュー、講演や放送の映像と音声資料を
参考に、彼の文章と語り口を最大限活かして、再構成されたものとなります。

この本には彼の半生がぎゅっと詰まっており、ざっくりと読むだけでも、
こんなふうに理想を追って自分の人生を生きることができる人間は
そんなにはいないのではないか?
そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

彼の人生は64年弱という短いものではありましたが、
多くの方が言います。
「加藤さんは短い人生でも、やりたいことをいろいろやってきた、
羨ましい人生だ」と。

もちろん、彼にはまだまだやりたかったことがあり、
やり残したことがたくさんあったに違いありません。

少年が蝶を追うように、好きなものを追い求め、
時にはつまずきながらも、まっすぐに自分の好きなものを追い続ける、
60歳を過ぎても、そんな風だったなあ、と思います。

彼は、妥協を許さず、自分にも他人にも厳しい人でしたが、
一方で、この本の表紙にもあるような、あの笑顔で
自身の経験や訪れた場所、大好きなことを語り、
人を虜にする魅力を持っていましたから、
多くの方が彼との想い出を大切に大切にしてくださっているのだと思います。
理想を追い求めるあまり、愛のムチを受けた方もいらっしゃったとは思いますが・・・。

加藤則芳を知らない若い世代が、この本を手にし、
理想のロングトレイルを作ることを呼びかけてきた彼の思いに
ほんの少しでも興味を持ち、トレイルを歩きはじめ、
そしてそこから何かを学んでくれれば、こんなに嬉しいことはありません。

自然の中に浸かれば、きっといろんなものが見えてくる
それは目の前の風景だけでなく、今まで見えてなかったものを含めて。
それも彼が伝えたかったことの一つだと思います。

この本を通して、多くの方に彼の思いを感じていただければ、幸いです。

8/24-25で、彼の夢のトレイル「みちのく潮風トレイル」のイベントが開催されます。
そのことは、また次回。

今夜は彼がジョンミューアトレイルを歩いた時の映像がNHKで放映されます。
ぜひご覧ください。





posted by 家人 at 20:10| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

NHK「素晴らしき地球の旅「アメリカ自然保護の父 ジョン・ミューアの道を行く」」

加藤則芳出演番組の再放送のご案内です。

「素晴らしき地球の旅「アメリカ自然保護の父 ジョン・ミューアの道を行く」」
       -1995年10月8日放送

 放送予定日: 本放送 2013年7月18日(木)AM9:00〜 もう終了してしまいました
        再放送 2013年7月27日(土)AM1:50〜

 放送波:   BSプレミアム 【プレミアムアーカイブス】枠内にて

これはジョン・ミューアの生涯を紹介するとともに、
加藤則芳がシエラネバダのジョンミューアトレイルを踏破したときの記録でもあります。
まだ髪が長くて、ウルトラライトやライトウェイトトレッキングなんて言葉もない時代の
アウターフレームのバックパックで、コットンのT-シャツを着て登場する加藤則芳の姿
があります。

加藤則芳は日本のジョン・ミューアだと言ってくださる方がいらっしゃいますが、
7/27再放送のこの番組をご覧になって、検証してみてください。

それから加藤則芳の新刊本もすでに出版されております。
こちらのご紹介ももうすぐ・・・。

posted by 家人 at 17:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

加藤則芳メモリアル 信越トレイル開き


信越トレイルでは、トレッキングシーズンのはじまりを告げる
”トレイル開き”イベントをを行うことになりました。
加藤則芳メモリアルとして、開催してくださるようです。

日時: 2013年7月6日(土)・7日(日)
会場: 戸狩温泉地区
内容: 7月6日(土)前夜祭
    7月7日(日)6セクションにわかれてトレッキング

詳細はこちら  

前夜祭会場では、加藤則芳のパネル展示なども予定しています。

信越トレイルはどの季節に行っても四季折々の良さがあります。
雨が降っても、ブナの荘厳さが味わえます。
また行きたい、いつもそう思わせてくれる場所です。
posted by 家人 at 12:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加藤則芳を偲ぶ会


加藤則芳の偲ぶ会、彼が大変お世話になった
信越トレイルクラブからのご案内となります。

日時:2013年6月16日(日)12:30会場 13:00開会
会場:ホテル椿山荘東京 5階オリオンの間

詳細は加藤則芳さんを偲ぶ会.pdfをご覧ください。

加藤則芳と懇意にしていただいた方はもちろんん、
彼の著書や講演、番組等で影響を受けられた方も歓迎いたします。
会費制、事前受付制となっておりますので、ご参加いただく方は
詳細にある事務局までFAXかメールにて6/10(月)までに
ご連絡いただけますよう、お願いいたします。



posted by 家人 at 12:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

ありがとうございました

4/17 加藤則芳は帰らぬ人となりました。

ご心配いただいた方々、彼の活動をサポートしてくださった方々、
本当にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

葬儀は本人の遺志により、家族と親族のみで静かに見送りました。
彼をサポートしてくださった方々がお別れの会を開いてくださる予定です。

ご弔問いただいた方々とお話を重ねるにつれ、
加藤則芳はそれぞれの方々の中に今も生き続けているんだなと感じました。
5歳の息子は言います、
「パパは頭の中にいるからね、写真もTVもいっぱいあるからね」

彼が残したものはたくさんあります。

本や雑誌で書いたこと、ラジオやTV、講演で話したことだけでなく、
彼が出会った方々から、こんな言葉をいただきました。
「加藤さんからは自然のことだけではなく、多くのことを学びました」
「加藤さんから学んだことを大事にしていきます」
「自分の人生の中で、何か大切なことを考えるとき、加藤さんならどうするだろう
と考えます」
このブログにも、彼から影響を受けたというメッセージをいただいています。

何事にも手を抜かず、常に自分の納得のいくものを目指し、妥協を許さない人でした。

最期までベッド上でも山歩きのウェアを身につけ、
車椅子でも自分の気に入った靴を履いていました。
自分の美学、生き方を貫き通しました。

ちょうど一年前に放映されたNHKのハートネットTVの再放送が決まりました。
”自然人であれ”加藤則芳さんのメッセージ
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2012-05/02.html
2013年5月9日 NHK Eテレ 午後8時〜
訃報の案内には彼の笑顔の写真が使われる予定です。
この笑顔に魅了された方も多いのではないかと思います。

いくつかのアウトドア、山関係の雑誌で彼の追悼記事の掲載が予定されています。

5/10発売 BE-PAL
 ロングトレイル特集の表紙は加藤則芳です
 巻頭ページにも登場します
5/15発売 PEAKS 
 加藤則芳と長い時間を共にした星野秀樹カメラマンからのメッセージ、
 そしてPEAKS執筆者の方々からのメッセージをいただいています

この夏に彼の本がもう一冊出版予定となっております。
そのお知らせはまたこのブログ上でご紹介させていただきます。

加藤則芳が残してくれたもの、伝えたかったこと、
介護生活のためにブログで私がお伝えしきれていなかったことがまだ残っています。
このブログで、彼が伝えたかっただろうことを、もうしばらく
続けていくつもりです。

たくさんの方々からの応援メッセージ、そして惜しむ声をいただきました。
家族としても本当に励みになりました。
本当に本当にありがとうございました。
加藤奈美
posted by 家人 at 16:06| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。